株式会社光建

コンセプト

ごあいさつ

光建は名古屋市中区に本社をおく土木建設会社です。昭和26年、日本の電力事業を一手に担う日本発送電㈱の水力発電所工事を請け負ったことが会社の起点となっています。現在の売り上げは40%が中部電力・東京電力、25%が国土交通省、20%が名古屋市、10%が新日鉄住金という構成で、特定のお客様に偏らない経営となっています。また、名古屋という大都市に位置するので、電気・水道・下水・ガスのライフライン工事を多く手がけ、売上の50%程度を占めています。

直営部門(工事部)は、重機オペレーター、大工、左官、溶接工、各職種に精通したマルチプレーヤー(多能工)として、精鋭部隊を形成しています。災害緊急時の対応や、施工の難しい現場や、突貫工事の現場などに優先投入されています。
安全で優れた品質の工事は経営の根幹であり企業の社会的責任です。平等で適切な能力開発の機会と昇進、公正かつ適切な待遇、清潔で整理整頓された安全な職場環境、提案・苦情が自由に出来る社風などを重視し、常に会社の仕組みを改善することに努めています。こうした理に適った状況を維持していくことが仕事の質・レベルを深め着実に信頼を築く礎となり、光建の強みになると考えています。

代表取締役 正田要一
横浜市立大学経済学科・豊橋技術科学大学建設工学系 両卒

経営理念

PAGE TOP>>>