2022年10月31日

光建NEWS~建設現場のDXを考える!~

ポートメッセなごやで建設技術フェア2022in中部が、「建設現場のDXが未来を創る」として開催され、見学してきました。
建設技術フェアは、産・学・官の技術情報交流の場として、建設分野での技術開発や新技術の導入の動向等が展示されているものです。
企業・研究者が取り組まれた施工機械、器具、ソフトウエア等、新技術等の実物を直接、見て、聞いて、触れて、質問して、DX(デジタルトランスフォーメーション)を考えるよい機会となりました。

光建NEWS~建設現場のDXを考える!~ インフラ分野でのDXとして、安全で快適な労働環境の実現、AI等の活用による作業の効率化、熟練技能のデジタル化で効率的な技能の習得、点検・管理業務の効率化等が取り組まれています。
土木分野は、経験工学と言われることもあり、人に依存することが大きいですが、データとデジタル技術を活用し、ICT施工、無人化施工、日々の管理の効率化等の技術開発が数多く展示されていました。

当社が施工する小規模工事にも活用できるICT(小規模土工)、点検・管理の効率化等の新技術もあり、参考になりました。また、課題に応じて、新たな改良も進められており、デジタル技術の進展は著しいと感じました。
生産性の向上、働き方改革に繋がればよいと思いました。

光建NEWS~建設現場のDXを考える!~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年10月21日

現場パトロール~効率的で効果的な維持補修技術開発~

本日は、長野県木曽補修の現場をパトロールしました。国道19号の下にあるボックスカルバートの補修が仕事内容です。

前回のパトロールはコチラ

コンクリート面が大きく割れて、表面が剥がれ落ち、コンクリートの中の鉄筋が見えている箇所はコンクリートを斫り取ります。
鉄筋表面から規定に深さまできれいに斫り取り、コンクリートを打ち直します。
無数にあるクラックには、写真にあるような補修剤を注入するための注入孔を取り付け、注入材が漏れ出さないようクラックをシール(封印)します。

現場パトロール~効率的で効果的な維持補修技術開発~ その後に注入器を取り付け、クラック内に補修剤をゆっくりと時間をかけて浸透させていきます。
日本では高度成長期に造ったインフラが老朽化して造り直すか、補修して耐力を継続させることのニーズは右肩上がりで増加します。

現場パトロール~効率的で効果的な維持補修技術開発~ 一方において、気候変動により、激化する気象への対応も大きな社会ニーズになっています。効率的で効果的な維持補修技術開発はまだまだいろいろな分野の知識などを総動員して、これから構築されていくと考えられます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年09月01日

現場パトロール~共同溝の開口部を閉塞する作業~

本日は、国土交通省発注の建設工事の現場を総合パトロールしました。
現場は国道302号上の共同溝の開口部を閉塞する工事です。

共同溝は地下(土被り)30mにあり、電気・水道・NTTなどのライフラインが収納されます。
ライフラインを形作るケーブルや管を共同溝に引き入れるための巨大な地下空間の立坑が一定の距離ごとに設置されています。

現場パトロール~共同溝の開口部を閉塞する作業~ 今回の閉塞する開口部は共同溝建設中に材料の出し入れに使用していました。
すべての役目を終え、幅2.5m×長さ7m×厚さ1mのコンクリートを打設して、開口部を閉塞します。
30mの深さの立坑はグレーチング製のステージがいくつかあり、昇降のための階段が設けられています。
打設するコンクリートの総重量約40t+打設時の衝撃荷重約2t+型枠など仮設材総重量約2t+施工時の諸荷重約1t=総荷重約45tを30m下から型枠支保工を組み上げるのはコスト・安全・品質のいずれからも疑問符が付きます。

現場パトロール~共同溝の開口部を閉塞する作業~ 現場ではPC鋼棒活用による吊り型枠(支保工併用)とし、コンクリートが硬化して構造物となるまでの総荷重を受けることで問題を解決しました。
写真は構築前の断面ですが、上に2段、下に1段ある穴は鉄筋をつなぎこむためのもので、既設構造物との一体化を図ります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年08月08日

現場パトロール~現場では正確な試掘調査が必要~

本日は、三重県亀山市の管路新設工事の現場をパトロールしました。
本工事のなかで最も難易度が高い既設洞道への取付箇所の施工をしてました。
既設洞道は土被り4mと深く、今回の掘削深さは約7mになります。

現場パトロール~現場では正確な試掘調査が必要~ 土止めは事前にシートパイルを打設してからの掘削になりますが、既設洞道の位置を正確に調査しないとシートパイルの位置が決まりません。
現場では事前に試掘調査し位置を確認後施工図に落とし込みます。

現場パトロール~現場では正確な試掘調査が必要~

本日のパトロールでは床付け位置まで掘削及び既設洞道の取付箇所割取りが完了し、基礎栗石投入、コンクリート打設準備をしてました。

既設洞道は見事に掘削センターに収まり土止め支保工も綺麗に収まってました。技術力の高さがよくわかります。

現場パトロール~現場では正確な試掘調査が必要~
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年07月27日

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建のBCP業務継続計画に基づき、令和4年1回目となる災害対応手順の実践訓練を6月に実施しました。
光建ニュース~令和4年第1回BCP・災害対応手順の実践訓練を実施しました!

明け方午前5時の地震発災を想定し、安否確認、非常参集、災害対策本部の設置及び運営について、対応手順を確認しました。

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~ 電力遮断を想定し、非常用発動発電機の作動・通電や、備蓄資機材の数量確認、関係機関との災害協定に基づく災害時道路パトロールの出動、情報収集・報告等について、社員を指名して実践しました。
今回の訓練は、特に参集状況に応じ、適切に対応できるよう、本部長以下責任者を変えて、実践行動が出来るよう訓練を行いました。新たに参加した社員から、見逃しがちな手順の質問・確認等もあり、改めて課題や対応の議論があり、理解が深まりました。
また、停電時の対応として、前回課題に挙がった災害対策本部(運営場所)の電力供給を確認するとともに、ICT環境の確保等、災害対策本部の運営上の課題も確認できました。
BCP業務継続計画の周知を更に図るとともに、緊張感をもって全社員が対応できるよう訓練を行っていきます。


また、同日午後より第40回 光建全社安全大会が開催されました。
協力会社の方々並びに社員、約100名が参加し、安全表彰や体験発表を行いました。

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~ 今年は、名古屋大学大学院工学研究科 総合エネルギー工学専攻 エネルギー安全工学 教授 山本章夫様に『福島第一原子力発電所の廃炉~事故の経過と廃炉の現状~』の講演をしていただきました。

最後に安全管理活動の充実強化を積極的に推進することを宣言し、無事に安全大会を終えることが出来ました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




カレンダー
«   2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



タグ一覧

投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.