2020年08月25日

光建パトロール~遠い現場の工夫~

本日は、東京電力発注の群馬安中管路現場をパトロールしました。

以前ゴルフ場だった土地をメガソーラの太陽光発電所に変えているそうで、相当に巨大なソーラー発電所と察することができます。
現場の近くに大きな団地はあるものの、幹線の道路からは相当に距離があるため、静かであり、工事中の重機や発電機の発する音に対する配慮が必要と思われます。
現場責任者の北村さんも音に対する配慮は強く意識しています。

光建パトロール~遠い現場の工夫~ もう一つの特徴が送電管がφ200と太いことです。
太い=重い(2m=41kg)ので、この管材を毎日数十本、管材置き場から現場まで運ぶことと、その管材を設計通りに配管していくことがこの現場の成否を握ります。

光建パトロール~遠い現場の工夫~ 現場ではすでに、いろいろな改善工夫した資機材を投入する計画を組んでおり、その成果が楽しみです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2019年09月02日

現場パトロール~慣れない現場は、普段の勘と経験が頼りです~

今日は群馬県安中市へパトロールしてきました。
鉄塔からの送電線地中管路工事です。

現場パトロール~慣れない現場は、普段の勘と経験が頼りです~ 管路間の離隔が大きいため、通常の管枕は使用できず、土嚢で代替します。
ある意味、勘と経験の世界です。

現場パトロール~慣れない現場は、普段の勘と経験が頼りです~ 通線試験体であるボビンの長さが、慣れている中部電力仕様と今回の東京電力仕様で100mmも違うため、光建の配管責任者は苦戦を強いられています。

送電業者さんに尋ねたところ、光建への信頼は厚いと感じることができ、何よりのことと安心して現場を後にしました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2018年08月23日

現場パトロール~暑さにもめげず、頑張ってます!~

今日は群馬県へパトロールしてきました。
幅5mの道路で、電力ケーブル接続するマンホールを造る為に掘削作業をしていました。

土質はスコップで掘るのには固くて手こずってしまうので、電動ハンマードリルとエアーケレン(タイルのはがし等で使用する機械)を使用して人力掘削しています。

現場パトロール~暑さにもめげず、頑張ってます!~ この日は、朝7:30から気温は30℃超えていました。
周りは木陰があるのでありがたいのですが、竹林があり大量に蚊がいるのが難点です。現場では蚊取り線香が使われていました。

暑い中、休憩をとりつつも目標を定めて一日の作業を頑張ってやっている姿は、美しく感じました。何とか全員が熱中症にならず工事を完遂させてもらいたいと願います。

皆さんも熱中症には充分気を付けてくださいね!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

現場パトロール~暑さにもめげず、頑張ってます!~




このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.