2020年10月25日

光建パトロール~TBM~

本日は、東京電力発注横浜市での管路工事夜勤をパトロールしました。

20時過ぎから現場事務所で、TBM(ツール・ボックス・ミーティング)が行われ ます。
そこでは、現場監督者から、当日の作業内容、資機材搬出車両および特殊作業車両の予定到着時刻などが報告され、それに伴う受入れ態勢などが打ち合わされます。

光建パトロール~TBM~ 当日の作業は発進孔である人孔(マンホール)内に設置した推進機械を撤去すること、人孔内推進泥土を清掃・除去すること、到達ピットの埋設物の受け防護と埋戻しでした。

光建パトロール~TBM~ 作業開始前に、各作業班毎にその作業個所で、KYM(危険予知ミーティング)が行われます。
現場は多くの人の作業の集合体として仕事が成立するので、このようなTBMとKYMにより、現場に関わる全ての作業者が当日の作業、それぞれの作業の時間予定、起こりうる危険の予測などを共有化します。

光建パトロール~TBM~ この周知・徹底は安全・品質・収支の3要素に大きく影響するコアなポイントですが、人により千差万別で個々人の技量の発揮のしどころでもあります。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この周知・徹底は安全・品質・収支の3要素に大きく影響するコアなポイントですが、人により千差万別で個々人の技量の発揮のしどころでもあります。


2020年10月11日

光建パトロール~長野の橋梁補修2~

本日は、長野県木曽橋梁補修の現場をパトロールしました。

右岸側ではブラスト処理後の橋梁の塗装、中央部では橋面のコンクリート部分撤去、左岸側ではブラスト処理の前工程である内空のシート養生が行われていました。
写真は橋梁中央部の橋面コンクリート斫りの様子です。

光建パトロール~長野の橋梁補修2~
表面のアスファルト部を切削により70mm程度撤去し、その下にあるコンクリート床板のうち、劣化した箇所を部分的に撤去します。
コンクリート床板のうち、劣化した箇所は打音検査により全面を確認します。
打音検査はコンクリート表面をハンマーでたたき、その音で劣化具合を確認するものです。全面ですから、照り付ける夏の太陽の下では、いくら川の上とはいえ、並大抵の労力ではありません。

光建パトロール~長野の橋梁補修2~ コンクリート斫りはウォーター・ジェットを使用します。圧力をかけた水でコンクリートを撤去しますが、車を通しながらの作業ですので、跳び石がないよう、全面シートで養生してありました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2020年10月01日

光建パトロール~整理整頓に始まり 整理整頓に終わる~

本日は、安城市の管路工事をパトロールしました。

現場事務所兼資機材置場は、隙間なく鉄板(溶接が適切になされ、ぐらつぎがない)が敷かれ、資機材も整理整頓されていました。
 

光建パトロール~整理整頓に始まり 整理整頓に終わる~ 工事現場では、資機材の整理整頓、安全施設の設置方法、安全通路(作業員も含めた)の確保がきちんと出来ているかを始めに確認します。
 

光建パトロール~整理整頓に始まり 整理整頓に終わる~ 現場事務所の整理されている第一印象を受け、現場を見てみると、現道路上に応じた安全施設の設置、歩行者通路の確保、道路の占用帯での工事車両の配置、交通整理員・作業員通路の確保等が適切に実施されていました。
 

光建パトロール~整理整頓に始まり 整理整頓に終わる~ 作業も丁寧に実施され、手戻りもなく進捗するものと確信しました。
ややもすると、工事現場は、散らかって、足の踏み場もない状況になりがちです。整理整頓に始まり、整理整頓に終わることを忘れずに実施していきたいものです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2020年09月07日

光建パトロール~長野の橋梁補修~

本日は、木曽橋梁補修の現場をパトロールしました。
国道19号にかかる南木曽大橋の橋梁補修です。

光建パトロール~長野の橋梁補修~ 当日は右岸側橋梁部のブラスト処理を行っていました。
ブラスト処理とは、橋梁などの鋼鉄製の構造物に塗装されている塗装面に対し、ショット系の丸い玉の研削材を圧縮空気で投射し、古い塗膜やサビを除去すると同時に、鋼材の表面を清浄粗面化する素地調整の方法です。
作業中の橋梁内部はブラストと古い塗膜やさびが充満しているため、防護服、防塵メガネ、防塵マスクなどフル装備での作業となります。「光建パトロール~遠い現場の工夫~」

光建パトロール~長野の橋梁補修~ 橋梁内部での作業ですので、日陰であり、河川の上となりますが、外部⇨エアシャワー室⇨作業個所と密閉された空間のため、暑さなど相当の苦渋作業となります。
写真にあるようにブラスト処理の設備は、かなり大掛かりです。
光建現場責任者の渡邊さんによれば、ブラストの輸送長さに制限があるため、中央部分の施工では、橋梁上にプラントを設置し、1車線を占用規制するとのことでした。

光建パトロール~長野の橋梁補修~ 名古屋の水源である木曽川の悠久とした流れと関西電力読書水力発電所の歴史ある風情が印象に残りました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2020年08月25日

光建パトロール~遠い現場の工夫~

本日は、東京電力発注の群馬安中管路現場をパトロールしました。

以前ゴルフ場だった土地をメガソーラの太陽光発電所に変えているそうで、相当に巨大なソーラー発電所と察することができます。
現場の近くに大きな団地はあるものの、幹線の道路からは相当に距離があるため、静かであり、工事中の重機や発電機の発する音に対する配慮が必要と思われます。
現場責任者の北村さんも音に対する配慮は強く意識しています。

光建パトロール~遠い 現場 の工夫~ もう一つの特徴が送電管がφ200と太いことです。
太い=重い(2m=41kg)ので、この管材を毎日数十本、管材置き場から現場まで運ぶことと、その管材を設計通りに配管していくことがこの現場の成否を握ります。

光建パトロール~遠い 現場 の工夫~ 現場ではすでに、いろいろな改善工夫した資機材を投入する計画を組んでおり、その成果が楽しみです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.