2021年11月25日

光建パトロール~上下ダブルチェック! ~

本日は、飛島村の現本日は、飛島村の現場をパトロールしました。
排水路整備に伴うプレキャストボックスカルバートが施工されていました。

光建パトロール~上下ダブルチェック! ~ ボックスカルバートの位置を正確に定めるため、芯出しを行います。
基礎コンクリート上に側線スミを入れるとともに、個々のボックスカルバート本体のセンターにも側線スミ(中心点)を入れ、側線を合わせていきます。
ボックスカルバートの据え付けは、ボックス本体の重量(約7500kg)と作業半径を考慮し、25t吊ラフテレーンクレーンで吊り込みます。
ボックスの継手面(受口、差し口)の清掃及びパッキングの点検後、受口と差し口の接合部の間隔を保持し、クレーンにて慎重に据え付けを行います。
据え付けの微調整は、先に入れた側線で確認しますが、ボックスカルバートの位置を正確に定めるため、ボックス内部からの中心線、更にボックス本体の上部天端に入れた中心点で確認します。

光建パトロール~上下ダブルチェック! ~ 引き込みは、ワイヤーロープとレバーブロックで行います。
このようにボックス単体(長さ2m)を接合していく作業となりますが、一つ一つの違いが全体として大きく影響するため、特に初期段階の据え付けは慎重に進めています。
現場では、クレーンオペレーターと測量機器従事者、ボックス本体での側線確認者が、お互い無線で位置関係を確認し、慎重に作業が進められていました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2021年11月01日

光建パトロール~作業ヤードを踏まえ小型杭打機により鋼管杭を施工!~

本日は、国土交通省発注の国道247号西知多道路事業の現場を総合パトロールしました。

国道247号西知多道路のインター整備に伴う橋台基礎工で鋼管杭の中堀杭工法(セメントミルク噴出攪拌方式)が施工されていました。
鋼管杭の中堀工法(セメントミルク搬出攪拌方式)では、多数の建設機械等の配置に伴い、十分な広さの作業ヤードが必要であります。

光建パトロール~作業ヤードを踏まえ小型杭打機により鋼管杭を施工!~ 当日、くい打ち作業に伴う杭打機の移動・旋回スペース、杭のつり込み用補助クレーン、排土補助用バックホー、スパイラルオーガー等の接合ピンの作業に使う高所作業車の建設機械、更に、セメントミルクプラント、鋼管杭・ヤットコの材料などが配置されていました。
現場は、西知多道路(供用中)と市道に挟まれた限られたスペースであり、長方形の作業ヤードを考え、杭施工を円滑に進められるよう工夫されるとともに、杭打機は、小回りの利く小型杭打機で作業を行っていました。

光建パトロール~作業ヤードを踏まえ小型杭打機により鋼管杭を施工!~ このように、建設現場では、個々の作業条件への対応が求められます。事前の施工計画の検討(施工要領書の作成)が大切です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


2021年10月21日

光建パトロール~微調整はミリ単位!~

本日は、国土交通省発注の41号名濃バイパスの現場をパトロールしました。

6車線化拡幅工事に伴うプレキャスト擁壁の据え付けが慎重に施工されていました。

光建パトロール~微調整はミリ単位!~ 吊り上げは、縦壁2箇所、底版2箇所に専用の吊り金具により、横揺れや回転を止め、ワイヤー等に異常がないことを確認し作業が行われていました。
基礎砕石+基礎コンクリートの基礎型式に、敷モルタルを設置し、慎重にプレキャスト擁壁を据え付けます。
据え付けラインの通り、鉛直度を鉛直定規とトランシットで確認し、微調整はバールで行っています。
微調整は、ミリ単位でもう少し右側へ等と慎重に進めていました。据え付け後は、縦壁の上下2箇所に接続プレート方式による継手でプレキャスト擁壁同士を一体化していました。

光建パトロール~微調整はミリ単位!~  重量があるプレキャスト構造物は、吊り上げ時、据え付け時等、危険が伴うことも多く、慎重に進めていくことが求められますが、実践されていました。 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2021年10月09日

光建パトロール~ケーシング連行型ダウンザホールハンマー工法~

本日は、国土交通省発注の41号名濃バイパスの現場をパトロールしました。

6車線化拡幅工事に伴う親杭パネル壁の施工にあたり、現道交通の確保の観点から施工ヤードが制約されること、地質調査の結果、支持層が玉石砂礫層があること、また、地下水位も高く孔壁の崩壊が懸念されることから、発注者と協議し、親杭削孔をケーシング連行型ダウンザホールハンマー工法にて施工を進めています。

光建パトロール~ケーシング連行型ダウンザホールハンマー工法~

光建パトロール~ケーシング連行型ダウンザホールハンマー工法~ このように施工現場では、現地調査、施工方法の検討、設計照査等を行い、現場の実態に即した施工方法を協議し実施しています。

工事毎に応じた施工条件等(構造物の特殊性、作業環境、社会条件、自然・地盤条件等)に対応できるよう、日頃から研鑽を積み、技術力(現場力)の向上に努めていきたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2021年09月25日

光建パトロール~ロッククライミングマシーンによる法面掘削工法~

本日は、岐阜県土岐市の管路工事へパトロールにいってきました。
国道19号に隣接した、多治見と土岐の間の広大な土地にイオンさんを中心とした商業施設が建設されています。
そこに高圧の電気を送るための工事です。

近接する架空送電鉄塔から高圧送電線を引き下ろし、地中送電するために、地中線管路を法面(斜面)の中に埋設します。
高低差(鉄塔基底面から道路面まで)約20m、勾配34°(土木用語では1割5分勾配)、法長(斜面長さ)27mの箇所に新技術を採用し地中線管路を敷設しました。
ロッククライミングマシーンによる法面掘削工法(NETIS - 国土交通省新技術情報提供システム登録)です。

光建パトロール~ロッククライミングマシーンによる法面掘削工法~ 斜面上部の推定崩落線上より奥の位置に、十分な強度を持ったアンカーを設置し、そのアンカーとロッククライミングマシーンをワイヤーロープで固定し、掘削します。
従来から急峻な法面でのBH掘削はありましたが、運転操作席が水平になる機能、およびワイヤロープの巻取り機能がないため、限界がありました。
この” ロッククライミングマシーンによる法面掘削工法”は安全面、品質面(オペが余裕をもって掘削作業に集中できる)で極めて優れた工法であると実感できました。

光建パトロール~ロッククライミングマシーンによる法面掘削工法~ 光建においては同種工事には積極的に採用してまいりたいと考えます。
現場では掘削作業完了後には、管路材料や埋め戻し用コンクリートを運搬するために、仮設運搬用のモノレールを設置するなど、山岳土木的な様相を呈しました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




カレンダー
«   2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



タグ一覧

投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.