2022年07月27日

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建のBCP業務継続計画に基づき、令和4年1回目となる災害対応手順の実践訓練を6月に実施しました。
光建ニュース~令和4年第1回BCP・災害対応手順の実践訓練を実施しました!

明け方午前5時の地震発災を想定し、安否確認、非常参集、災害対策本部の設置及び運営について、対応手順を確認しました。

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~ 電力遮断を想定し、非常用発動発電機の作動・通電や、備蓄資機材の数量確認、関係機関との災害協定に基づく災害時道路パトロールの出動、情報収集・報告等について、社員を指名して実践しました。
今回の訓練は、特に参集状況に応じ、適切に対応できるよう、本部長以下責任者を変えて、実践行動が出来るよう訓練を行いました。新たに参加した社員から、見逃しがちな手順の質問・確認等もあり、改めて課題や対応の議論があり、理解が深まりました。
また、停電時の対応として、前回課題に挙がった災害対策本部(運営場所)の電力供給を確認するとともに、ICT環境の確保等、災害対策本部の運営上の課題も確認できました。
BCP業務継続計画の周知を更に図るとともに、緊張感をもって全社員が対応できるよう訓練を行っていきます。


また、同日午後より第40回 光建全社安全大会が開催されました。
協力会社の方々並びに社員、約100名が参加し、安全表彰や体験発表を行いました。

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~ 今年は、名古屋大学大学院工学研究科 総合エネルギー工学専攻 エネルギー安全工学 教授 山本章夫様に『福島第一原子力発電所の廃炉~事故の経過と廃炉の現状~』の講演をしていただきました。

最後に安全管理活動の充実強化を積極的に推進することを宣言し、無事に安全大会を終えることが出来ました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年06月27日

現場パトロール~BHバケットが使用できない場合は~

本日は、中日ビル管路工事の現場をパトロールしました。
久屋大通の南行き4車線のうち、3車線を占用して工事を行いますので、当然夜間工事です。
年末年始からずっと続く現場ですので、冬場の厳しい寒さとの戦いはなくなり、環境的には快適となっています。
久屋大通と広小路通の交差点東南角ですが、コロナの影響で人通りは未だに少ないため、現場的には都市土木につきものの苦労が一つ緩和されています。

当日の作業は受電する中日ビル側からピット側に向かって掘削作業を行っていました。
通常の掘削作業ではバックフォー(BH)などの掘削機が投入されますのが、この作業個所では使用できません。

電気・水道・下水・ガス・通信などの埋設物が輻輳し、BHバケットが入るスペースが確保できません。
掘削作業は空気の力を利用します。エア・スコップにより地山の土砂を崩し、大型特殊バキュームで吸い上げます。

湿潤度の低い土砂ゆえにバキューム管内で土砂が詰まり、写真のように管先端からバールを突っ込み、詰りを開放します。

この作業だけは原始的ですが、写真から伝わるように、現場は大変メカニカルな印象を与えます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年05月08日

現場パトロール~数十年に亘り使用される地中送電設備~

本日は、中日ビル管路工事の現場をパトロールしました。
中日ビルは建替え工事の真っ最中です。30階を超える超高層ビルで、商業施設、オフィス、ホテルが入ります。
50%前後の高さですが、巨大な鉄骨とクレーンは名古屋の一等地に相応しい威容を見せています。
光建が行っているのは、西側に面する久屋大通の地中線管路箇所にマンホールを造って、送電線を分岐させるための工事です。

現場パトロール~数十年に亘り使用される地中送電設備~ 車や人が多い栄地区エリアですので、久屋大通4車線を最大で1車線にしぼるため、すべて夜間工事です。
占用帯の先端には、点滅する矢印ライトやサインライト、自動車などが誤って突入した場合にそれを受け止める防護設備が先端に設置されます。

現場パトロール~数十年に亘り使用される地中送電設備~ 現場はこの工事の難関の一つであった”活線ケーブルのコンクリート撤去”を完成させ、マンホール壁面の管口(エンドベル)を取り付けるためのコンクリート面の平坦化でした。

現場パトロール~数十年に亘り使用される地中送電設備~ 現場はこの工事の難関の一つであった”活線ケーブルのコンクリート撤去”を完成させ、マンホール壁面の管口(エンドベル)を取り付けるためのコンクリート面の平坦化でした。
 

数十年に亘り使用される地中送電設備であるため、品質については妥協することなく丁寧・的確に進められていることが実感できました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年04月22日

現場パトロール~鉄塔敷地の維持管理~

本日は、東海市の中部電力PG(株)の鉄塔敷地整備工事の現場をパトロールしました。
今回の鉄塔敷地整備工事は、半田市、大府市、東海市、名古屋市港区で8か所の本日は、東海市の中部電力PG(株)の鉄塔敷地整備工事の現場をパトロールしました。

現場パトロール~鉄塔敷地の維持管理~ 施工箇所は住宅に隣接する鉄塔で、地域の環境保全のため雨水排水状況、周囲柵・境界ブロック等の劣化状況などを保守担当部署が定期的に点検し、計画的に維持整備をしてます。
当現場は、当社が設計施工で請負いました。最後の周囲柵設置工事をしてます。

現場パトロール~鉄塔敷地の維持管理~ 小規模工事ですが、工事個所が8か所あるため工程計画を綿密に立案し地元PRしてから施工します。
地道な工事ですが、設備保全のため、なくてはならない工事です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年04月19日

光建NEWS~入社式を行いました~

2022年4月 入社式をおこないました。
今年の新入社員は、施工管理者部門へ日本福祉大学卒・春日井工科高校卒の2名、そしてミャンマー高度外国人材の2名です。

入社日が異なるので、別日での入社式となりました。
4人とも希望や熱意にあふれた意気込みを感じられる式となりました。

光建NEWS~入社式を行いました~

光建NEWS~入社式を行いました~ 夕方からは、社員全員が集まり歓迎会を行いました。今年はコロナ感染防止対策で屋外での開催です。
新入社員から自己紹介や今後の抱負などをお話してもらい、歓談タイムでは様々の人と交流していました。

早く光建に馴染め、より一層成長するよう社員全員でバックアップして行きたいと思います!

光建NEWS~入社式を行いました~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




カレンダー
«   2023年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



タグ一覧

投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.