2020年03月13日

現場パトロール~下水道管敷設ラインは、レーザで確認!~

本日は、名古屋市中川区の下水道築造の現場をパトロールしました。
下水道管の敷設は、掘削→土留→下水道管敷設→埋戻しの片押し施工(インターバル施工)となります。
下水道管の敷設は、座標管理となりますが片押し施工のため、ラインだし(墨だし)はとても重要です。

現場パトロール~下水道管敷設ラインは、レーザで確認!~ 現場では、マンホールを起点にレーザを照射し、敷設ラインを施工のインターバル毎に下げ振りを用いて確認していました。

現場パトロール~下水道管敷設ラインは、レーザで確認!~ 土木の現場、とりわけ土地区画整理は、現地での目標物が何もない中、設計図に明示された工作物を築造していくため、座標管理する測量はとても重要な作業です。

 

現場パトロール~下水道管敷設ラインは、レーザで確認!~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.