2021年10月09日

光建パトロール~ケーシング連行型ダウンザホールハンマー工法~

本日は、国土交通省発注の41号名濃バイパスの現場をパトロールしました。

6車線化拡幅工事に伴う親杭パネル壁の施工にあたり、現道交通の確保の観点から施工ヤードが制約されること、地質調査の結果、支持層が玉石砂礫層があること、また、地下水位も高く孔壁の崩壊が懸念されることから、発注者と協議し、親杭削孔をケーシング連行型ダウンザホールハンマー工法にて施工を進めています。

光建パトロール~ケーシング連行型ダウンザホールハンマー工法~

光建パトロール~ケーシング連行型ダウンザホールハンマー工法~ このように施工現場では、現地調査、施工方法の検討、設計照査等を行い、現場の実態に即した施工方法を協議し実施しています。

工事毎に応じた施工条件等(構造物の特殊性、作業環境、社会条件、自然・地盤条件等)に対応できるよう、日頃から研鑽を積み、技術力(現場力)の向上に努めていきたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




カレンダー
«   2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



タグ一覧

投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.