2020年03月19日

現場パトロール~コンパクトな施工機械、環境配慮、高品質な杭施工を兼ね備えた新技術~

本日は、中部電力発注の武豊変電所工事をパトロールしました。

上空制限がある中での小口径の鋼管を用いた回転杭工法による基礎杭の施工です。
今回の小型専用施工機械は、高さ2.1mの超短尺施工機械(日本で唯一の超低空頭杭打機)です。

現場パトロール~コンパクトな施工機械、環境配慮、高品質な杭施工を兼ね備えた新技術~ 杭先端は、らせん状の羽根を設けた小口径の鋼管杭を地盤中に回転しながら貫入する杭施工で、大きな支持力が得られるとともに、土を排出しないため、周辺環境への影響が抑制されます。

現場パトロール~コンパクトな施工機械、環境配慮、高品質な杭施工を兼ね備えた新技術~ 今回、上空制限があり鋼管杭を継杭していきますが、継手部の施工は、機械式継手(高力ボルト締め)により、溶接継手に比べ施工日数の短縮や確実な施工管理が可能となり、施工性が向上します。

現場パトロール~コンパクトな施工機械、環境配慮、高品質な杭施工を兼ね備えた新技術~ 土木工事現場では、様々の施工条件があり、各工事現場毎に新技術の活用等、創意・工夫しながら施工が進められています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2020年03月13日

現場パトロール~下水道管敷設ラインは、レーザで確認!~

本日は、名古屋市中川区の下水道築造の現場をパトロールしました。
下水道管の敷設は、掘削→土留→下水道管敷設→埋戻しの片押し施工(インターバル施工)となります。
下水道管の敷設は、座標管理となりますが片押し施工のため、ラインだし(墨だし)はとても重要です。

現場パトロール~下水道管敷設ラインは、レーザで確認!~ 現場では、マンホールを起点にレーザを照射し、敷設ラインを施工のインターバル毎に下げ振りを用いて確認していました。

現場パトロール~下水道管敷設ラインは、レーザで確認!~ 土木の現場、とりわけ土地区画整理は、現地での目標物が何もない中、設計図に明示された工作物を築造していくため、座標管理する測量はとても重要な作業です。

 

現場パトロール~下水道管敷設ラインは、レーザで確認!~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2020年02月20日

現場パトロール~住宅街・工場地域の掘削~

本日は、中部電力発注の管路工事の現場をパトロールしました。

施工は知立市内の住宅地や工場地域です。お店、住宅、工場などの駐車場へ、乗用車程度は常に通れるよう、掘削溝に鉄板をかけて通ってもらいます。トラックや大型車両では鉄板ではとても耐力が持ちませんので、休日や夜間の施工になります。
国道1号並びに狭小な道路では開削をせずに推進を行います。

現場パトロール~住宅街・工場地域の掘削~ 基本的には無人ですが、時々は人が入る必要があり、換気や止水などに十分に配慮する必要があります。
現在は推進のための立坑を構築中でした。

現場パトロール~住宅街・工場地域の掘削~ GL-8m程度の掘削ですが、狭い占用帯の中ですので、メインの掘削機の大きさが制限されるため、坑内にミニBHをサブの掘削機として投入していました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2020年02月10日

現場パトロール~“タコ”と呼ばれる道具とは~

本日は、名古屋市中川区千音寺での下水道工事をパトロールしました。
現在、中川区千音寺は土地区画整理組合が住宅地として供用するために、下水道工事の整備が進められています。周りに何もない中での工事なので、位置や高さの管理は重要で測量による位置出しが欠かせません。

現場パトロール~“タコ”と呼ばれる道具とは~ 今回は下水管を敷設していました。
管路の周りは空洞が発生しないように、”タコ”と呼ばれる道具で人力により転圧されます。
写真からも”タコ”で上から突いて転圧すれば、管の下の空隙に埋め戻しの山砂が動いて充填されることがイメージできると思います。

現場パトロール~“タコ”と呼ばれる道具とは~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2020年01月27日

現場パトロール~知識と技能がマッチ~

本日は、中部電力発注の武豊変電所工事をパトロールしました。

充電部での管路工事をしていました。

現場パトロール~知識と技能がマッチ~ 直径150mmの電力管12本を敷設するため、床付け面が深くなります。
上部が充電部のために上空制限がある中での深さ3mの掘削及び土留め作業は、BHオペの技量と土留めを組み立てる知識と技能がマッチしていないとうまくできません。
さらに、管路6本が途中で立ち上がりをさせるという地中線管路工事の中で、困難とされる条件が複合的に織り込まれていました。

一方、以前構築したGIS(ガス絶縁開閉装置)は機器が設置され、運用開始に向けての調整が行われていました。 (前回記事:http://www.kouken-nagoya.com/blog/v/60/

現場パトロール~知識と技能がマッチ~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.