2018年06月05日

現場パトロール~ダイヤモンドを利用したコンクリート切断工法~

今日は、岐阜市にある変電所の管路工事へパトロールしてきました。
この日は、マンホールを拡大する工事をおこなっていました。
マンホールの中は、隙間から泥混りの水が流れていたため、水圧を利用して(ウォータージェット)清掃していました。

現場パトロール~ダイヤモンドを利用したコンクリート切断工法~ また、マンホール内の既設の壁は、ダイヤモンドのビーズを取り付けたワイヤーで切断し撤去していました。
約30年前は、南アフリカに本社のある製造メーカーが独占していたため大変高価で、特殊な構造物撤去でやむを得ない時のみ使っていました。
今では、様々な現場で使われているようで、光建も取り入れています。

現場パトロール~ダイヤモンドを利用したコンクリート切断工法~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2018年05月31日

現場パトロール~勾配のある固定台施工~

本日は、岐阜県恵那市にある明知川水力発電所の現場にパトロールに行って来ました。
前回、2月に行った記事はコチラです。
http://www.kouken-nagoya.com/blog/v/14/

現場パトロール~勾配のある固定台施工~ 古い鉄管は全て撤去され、いよいよ新しい水圧鉄管を設置するための固定台の施工が開始されています。
この明知川水力発電所には4つの固定台があります。
一番高い位置にあるNo.1固定台は、水槽から距離も短く勾配も緩い為小さく、下段に位置するNo.4固定台は勾配も急で鉛直力もあるので大きくなります。

現場パトロール~勾配のある固定台施工~ 写真からわかるように、常に勾配のある場所での土木作業となるため、手間も肉体的負担も多く大変そうです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2018年05月07日

現場パトロール~埋戻で大切なのは~

今日も岐阜県垂井町の現場に行って来ました。
高電圧の電線を送る管を布設する工事です。

我社が得意とするライフライン(電気・水道・下水・ガス)工事は、地中に管を入れ、その日のうちに砂や砕石・アスファルトで掘削部分を埋めて道路を開放します。

現場パトロール~埋戻で大切なのは~ 作業で重要なのは「転圧(固める)作業」です。

本来、埋めた材料は自然に硬くなりますが、気の遠くなるような時間がかかります。
日にちが経つと埋めた部分が下がる可能性があるので、気を付けなければいけません。

丁寧に工事をし、その後の点検が重要となります。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木業者(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


2018年04月26日

現場パトロール~世界を制した打設機械~

今日は、岐阜県垂井町の現場に行って来ました。
高電圧の電線を送る管を布設する工事です。

現場パトロール~世界を制した打設機械~ 写真は掘削したところの土が崩れないように、「サイレントパイラー(この青い機械)」を使って板を打設しているところです。
この「サイレントパイラー」は、約30年前に開発された機械で、今は世界で使用されています。
我社はライフライン工事が多いため早くから導入しています。

土木業界も、目立ちませんが日々進歩しています!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木業者(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2018年04月02日

現場パトロール~愛知県初☆橋の伸縮装置の新技術~

今日は、名古屋市東区にある線路上に架かる橋の現場をパトロールしてきました。

この工事は、古くなった橋の伸縮装置=ジョイントを取り替える工事です。
ジョイントとは(1)気温の変化による橋の伸縮、(2)地震や車両通行時の橋の揺れ
などを吸収し、車や人が支障なく通行できるようにするものです。

この工事では新しく開発された「ジョイントが舗装の下に隠れる”ジョイントバスター”」を採用しました。雪の多い地方では採用されていますが、愛知県内では我が社が初採用で施工しました!

現場パトロール~愛知県初☆橋の伸縮装置の新技術~ 土木の仕事は、見えなくなるものを作る事が多いです。
まさに縁の下の力持ち!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋の土木会社
株式会社 光建
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 




このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.