2020年09月07日

光建パトロール~長野の橋梁補修~

本日は、木曽橋梁補修の現場をパトロールしました。
国道19号にかかる南木曽大橋の橋梁補修です。

光建パトロール~長野の橋梁補修~ 当日は右岸側橋梁部のブラスト処理を行っていました。
ブラスト処理とは、橋梁などの鋼鉄製の構造物に塗装されている塗装面に対し、ショット系の丸い玉の研削材を圧縮空気で投射し、古い塗膜やサビを除去すると同時に、鋼材の表面を清浄粗面化する素地調整の方法です。
作業中の橋梁内部はブラストと古い塗膜やさびが充満しているため、防護服、防塵メガネ、防塵マスクなどフル装備での作業となります。「光建パトロール~遠い現場の工夫~」

光建パトロール~長野の橋梁補修~ 橋梁内部での作業ですので、日陰であり、河川の上となりますが、外部⇨エアシャワー室⇨作業個所と密閉された空間のため、暑さなど相当の苦渋作業となります。
写真にあるようにブラスト処理の設備は、かなり大掛かりです。
光建現場責任者の渡邊さんによれば、ブラストの輸送長さに制限があるため、中央部分の施工では、橋梁上にプラントを設置し、1車線を占用規制するとのことでした。

光建パトロール~長野の橋梁補修~ 名古屋の水源である木曽川の悠久とした流れと関西電力読書水力発電所の歴史ある風情が印象に残りました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.