2022年10月31日

光建NEWS~建設現場のDXを考える!~

ポートメッセなごやで建設技術フェア2022in中部が、「建設現場のDXが未来を創る」として開催され、見学してきました。
建設技術フェアは、産・学・官の技術情報交流の場として、建設分野での技術開発や新技術の導入の動向等が展示されているものです。
企業・研究者が取り組まれた施工機械、器具、ソフトウエア等、新技術等の実物を直接、見て、聞いて、触れて、質問して、DX(デジタルトランスフォーメーション)を考えるよい機会となりました。

光建NEWS~建設現場のDXを考える!~ インフラ分野でのDXとして、安全で快適な労働環境の実現、AI等の活用による作業の効率化、熟練技能のデジタル化で効率的な技能の習得、点検・管理業務の効率化等が取り組まれています。
土木分野は、経験工学と言われることもあり、人に依存することが大きいですが、データとデジタル技術を活用し、ICT施工、無人化施工、日々の管理の効率化等の技術開発が数多く展示されていました。

当社が施工する小規模工事にも活用できるICT(小規模土工)、点検・管理の効率化等の新技術もあり、参考になりました。また、課題に応じて、新たな改良も進められており、デジタル技術の進展は著しいと感じました。
生産性の向上、働き方改革に繋がればよいと思いました。

光建NEWS~建設現場のDXを考える!~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年09月22日

光建NEWS~中区総合防災訓練~

9月4日(日)本社近隣の小学校グランドで行われた中区役所主催の防災訓練に参加しました。
今回の防災訓練はコロナ禍の影響で3年ぶりの開催となり、中土木・中消防署及び消防団・中警察・歯科医師会・県市議会議員・名古屋建設業協会(名建協)・地元住民と多数参加でした。
光建は名建協のメンバーとして中土木と合同で震災直後、緊急車両の通行の妨げになる障害物を撤去する訓練です。初動時では担当区間をパトロールしその状況を中土木へ知らせる「くしの歯防災システム」後の実施訓練です。

当日は想定で路上に散乱したコンクリート殻と倒木をペイローダーを使ってダンプに積込み手際よく通行可能にしました。見学していた地元の方々からは終了後、自然発生で惜しみない拍手がおこりました。

緊急車両を普段通りとはいかないが通行可能にし、被害を最小限に食い止める使命と改めて感じる事ができました。

光建NEWS~中区総合防災訓練~ 中消防署が設置した「煙体験ハウス」にチャレンジしました。

光建NEWS~中区総合防災訓練~ ハウスの中は老眼、近視に関係なく視界は0。その場面に直面すると出口がさっぱり不明でかなり不安になります。対処として鼻口はハンカチ等で押さえ這いずって進む。自衛隊の匍匐前進又は赤ちゃんのハイハイ自主練が必要では。
これは消防隊員からの事前アドバスで実践したら出口に到達できました。

光建NEWS~中区総合防災訓練~ 訓練の朝礼で区長から「東南海地震はこの30年の間で70~80%の確率で震度6強の地震が発生する」と話がありました。決して不安をあおるのでは無く、下準備と対処がいかに重要で又個々で防災意識を高める事の大切さを認識しました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年07月27日

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建のBCP業務継続計画に基づき、令和4年1回目となる災害対応手順の実践訓練を6月に実施しました。
光建ニュース~令和4年第1回BCP・災害対応手順の実践訓練を実施しました!

明け方午前5時の地震発災を想定し、安否確認、非常参集、災害対策本部の設置及び運営について、対応手順を確認しました。

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~ 電力遮断を想定し、非常用発動発電機の作動・通電や、備蓄資機材の数量確認、関係機関との災害協定に基づく災害時道路パトロールの出動、情報収集・報告等について、社員を指名して実践しました。
今回の訓練は、特に参集状況に応じ、適切に対応できるよう、本部長以下責任者を変えて、実践行動が出来るよう訓練を行いました。新たに参加した社員から、見逃しがちな手順の質問・確認等もあり、改めて課題や対応の議論があり、理解が深まりました。
また、停電時の対応として、前回課題に挙がった災害対策本部(運営場所)の電力供給を確認するとともに、ICT環境の確保等、災害対策本部の運営上の課題も確認できました。
BCP業務継続計画の周知を更に図るとともに、緊張感をもって全社員が対応できるよう訓練を行っていきます。


また、同日午後より第40回 光建全社安全大会が開催されました。
協力会社の方々並びに社員、約100名が参加し、安全表彰や体験発表を行いました。

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~

光建ニュース~BCP・災害対応手順の実践訓練及び安全大会~ 今年は、名古屋大学大学院工学研究科 総合エネルギー工学専攻 エネルギー安全工学 教授 山本章夫様に『福島第一原子力発電所の廃炉~事故の経過と廃炉の現状~』の講演をしていただきました。

最後に安全管理活動の充実強化を積極的に推進することを宣言し、無事に安全大会を終えることが出来ました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年04月19日

光建NEWS~入社式を行いました~

2022年4月 入社式をおこないました。
今年の新入社員は、施工管理者部門へ日本福祉大学卒・春日井工科高校卒の2名、そしてミャンマー高度外国人材の2名です。

入社日が異なるので、別日での入社式となりました。
4人とも希望や熱意にあふれた意気込みを感じられる式となりました。

光建NEWS~入社式を行いました~

光建NEWS~入社式を行いました~ 夕方からは、社員全員が集まり歓迎会を行いました。今年はコロナ感染防止対策で屋外での開催です。
新入社員から自己紹介や今後の抱負などをお話してもらい、歓談タイムでは様々の人と交流していました。

早く光建に馴染め、より一層成長するよう社員全員でバックアップして行きたいと思います!

光建NEWS~入社式を行いました~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2022年03月23日

光建NEWS~インターンシップ日誌2022~

2022年1-2月に約1か月間 豊橋技術科学大学生のインターンシップ生の受入を行いました。
大学では土木の分野を専攻していて、今回のインターンシップカリキュラムは現場監督者の仕事がメインですが、営業・総務の内容も取り入れました。

今回、ブログを書いていただきましたので掲載します。
↓↓↓
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

一月半ばからインターンシップでお世話になっております、豊橋技術科学大学の高坂です。

光建NEWS~インターンシップ日誌2022~ これは光建様の強みの一つである管路工事の現場でお世話になったときの一枚です。
リニアの駅まで電気を引っ張るための管を新設している工事です。
電線が通るか確認するための導通試験をする前に覗かせていただきました。
 
私自身初めての長野という事で、現場の安全祈願にも使われた元善光寺にも連れていってもらいました。
現場の色々な方に親切にしていただき、学校では学べない仕事の知識を楽しく学ぶとともに、将来の自分のイメージを少し固めることが出来ました。
 
約一か月間、大変お世話になりました。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




カレンダー
«   2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



タグ一覧

投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.