2019年08月22日

現場パトロール~現場から退出する時、泥は持ち出さない!~

本日は、武豊町の火力変電所設備改修工事をパトロールしました。

多数の工事業者が出入りする現場で、多くの工事車両が入退出します。
現場では、掘削・埋戻し等の土砂を扱うことから工事車両には泥などが付着します。
工事現場周辺は、住宅地でもあり、工事現場からの泥により道路を汚すとか、埃をたてることは避けなければなりません。

現場パトロール~現場から退出する時、泥は持ち出さない!~ 現場から退出するダンプトラック、生コン車、連絡車に至るすべての車両がタイヤ等の洗浄後、退出します。出口では、一台一台監視員が確認していました。

工事現場の外からは見えないですが徹底されています。

現場パトロール~現場から退出する時、泥は持ち出さない!~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2019年07月23日

現場パトロール~マンホールの中は・・・~

本日は、静岡県沼津市の東京電力発注管路工事をパトロールしました。

東京電力のマンホール検査が行われており、ちょうと良いチャンスでしたので、私もマンホールに入りました。

現場パトロール~マンホールの中は・・・~ 写真にあるように地表からマンホールに降りていくためのステップが両側にありました。
中部電力では片側ですが、ステップの構造・サイズ、地表より上の昇降の仕方、マンホール蓋の固定方法などの違いのため、と思われます。
同じ電力さんですが、氏素性・育ちの違いから、異なる形に進化していると感心しました。

現場パトロール~マンホールの中は・・・~ 変電所内の工事方法は東京電力も中部電力も似ていて、写真にあるように充電部への近接防止策は「ケプラー・ロープ+監視人」でした。

沼津管路工事も、約1年間の工事期間を経て間も無く完成です!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2019年06月27日

現場パトロール~より良いものを追求すること~

本日は、国道302号道路建設工事の現場をパトロールしました。

前回はコチラ↓↓
http://www.kouken-nagoya.com/blog/v/51/
http://www.kouken-nagoya.com/blog/v/53/

当日は、国道23号を跨ぐ高架上で、壁高欄の型枠外しとコンクリート面整形でした。
コンクリート面整形は、コンクリート面の研磨を行っていました。
より良いものを追求することにより、”創意工夫”という評価制度につながります。
この現場では大変丁寧で行き届いた施工となっていました。

現場パトロール~より良いものを追求すること~ 長さ240mにわたり、3本の壁高欄を建設する仕事は約90日間をかけ、間もなく完成の時を迎えます。
 

現場パトロール~より良いものを追求すること~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2019年06月10日

現場パトロール~手間のかかる要素が大きい現場の苦労~

本日は、静岡県沼津市の東京電力発注管路工事をパトロールしました。

沼津駅からすぐの所で、周辺の道路は車がすれ違うことがギリギリであり、電柱がある箇所はどちらかの車が停車する必要があります。
名古屋に本拠を置く光建からすると、交互通行2車線の限界を超えている感がありますが、タクシーの運転手さんによれば、時々応援に行くお隣の熱海はもっと狭いとのことでした。上には上があります。

現場パトロール~手間のかかる要素が大きい現場の苦労~ 現場は掘削構内に並行して露出する水道管を吊り防護しながらの施工を必要とします。
施工する道路の狭さ、真横を走る東海道線、掘削や埋め戻しの土砂運搬する道路の狭さなど、手間のかかる要素が大きい現場で、施工を担当する監督者、作業者の苦労がヒシヒシと伝わります。

土留め、手摺、吊り防護など、適切に施されていました。また、土場の前の土埃を暇があれば誰かれなく清掃する考え方・姿勢は周囲の信頼を得る大切な行為と感じました。

現場パトロール~手間のかかる要素が大きい現場の苦労~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2019年05月30日

現場パトロール~次世代排水性舗装(低燃費舗装)の試験施工を実施しました!~

本日は、国道302号で実施される次世代排水性舗装(低燃費舗装)の試験施工現場に行ってきました。

低燃費舗装は、排水機能を有し、小粒径骨材を表面に緻密に配置することにより、転がり抵抗を低減し、自動車走行燃費の向上を図るアスファルト舗装です。
排水機能があるため走行安全性、道路交通騒音低減、視認性も優れていることから、次世代排水性舗装と位置付けられています。

現場パトロール~次世代排水性舗装(低燃費舗装)の試験施工を実施しました!~ 低燃費舗装は、特許が取得されている新技術です。
建設現場では様々に技術革新に取り組まれていますがその一端に立ち会うことが出来ました。

現場パトロール~次世代排水性舗装(低燃費舗装)の試験施工を実施しました!~

現場パトロール~次世代排水性舗装(低燃費舗装)の試験施工を実施しました!~ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
名古屋に本社をおく土木会社(インフラ・維持補修)
株式会社 光建
新卒・中途募集しています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




このページのトップへ

Copyright KOUKEN co.,ltd. All Rights Reserved.